公開日:|更新日:

クリニックを開業する形態と方法

開業形態のちがい

クリニックにおける開業形態のちがいとは何でしょうか?土地や建物など不動産の自己所有か賃貸かに大きく分けられます。以下の3つについて詳しく説明します。

戸建て開業

戸建て開業とは、自身の土地や建物でクリニックを開業することです。診療科目によって院内動線や患者スペースを自由に設計しやすく、駐車場の確保など集患を見込むための工夫もできます。
建物デザインも特徴的にするなど、地域認知度を高めることが可能。
ただし、不動産の取得や設計・建築に時間がかかり、開業までの期間が長くなります。また開業にかかる資金も大きくなるため、資金調達や開業後の資金繰りにも気をつけなければなりません。

ビル診開業

多くの候補から理想的な物件を選びやすいのがビル開票です。ビルは駅前や繁華街などに建てられているため、好立地の物件を確保しやすいでしょう。
初期投資額も比較的抑えることができるため、資金調達もしやすくなります。
ただし、ビルの設計や設備上、医療機器の搬入や設置が難しい場合や給排水や電気容量などが医療施設として不都合な場合も。同じビル内に医療にふさわしくないテナントが存在する可能性もあるので注意しましょう。

医療モール開業

クリニック用に設計されているため、設備的に医療施設として十分です。モールはさまざまな診療科が集まっているので患者も集まりやすく、単独開業よりも運用がしやすいと言えます。初期投資額も低くすむでしょう。
ただし、医療モールを企画した会社によっては内装や医療機器選定に制約があることも。モール内の別のクリニックと診療範囲を調整・検討する必要がある場合もあります。

開業方法は主に2つ

継承開業

継承開業には、親子間で引き継ぐ場合と、第三者に引き継ぐ場合があります。
施設も患者もそのまま引き継ぐことができるため、事業としてゼロから始める必要がなく、低コストでの開業が可能です。医療スタッフもそのまま引き継ぐ場合もあり、営業的なリスクも低いと言えます。
周辺地域でもすでに認知されており、医師会でも入会がスムーズというメリットも。銀行など金融機関でも信頼度が高いでしょう。

新規開業

ゼロから新しく作り上げていくため、開業のための医療施設作りから始める必要があります。地域にも認知されていないため、開業したからといって運営がうまくいく保証がありません。そのため、金融機関からの融資も苦労する可能性が高くなります。
また不動産探しから行うため、コストも時間もかかります。
ただし、自分の理想通りのクリニックを作りやすく、新しい場所で新しく始める喜びも。周辺の医療機関とネットワーク作りをし、波に乗せる経営努力が必要でしょう。