公開日: |更新日:

クリニック開業までのスケジュール

クリニックを開業する段取りは、一般的な店舗を開業する段取りに比べて、かなり複雑で手間がかかると考えてください。なぜならば、導入する機器の選定やそれに合わせたクリニックの間取り・仕様、設計における衛生面への配慮など、クリニック開業には求められるものが多いからです。

開業に向けた段取りが多いからこそ、可能な限り早い段階で開業準備を始めるに越したことはありません。ここでは、クリニック開業に向けた流れを時系列的に説明します。

【開業1年半~1年前】事業計画の立案

クリニック開業に向けて最初にやるべきことが、事業計画や経営コンセプトの立案です。事業計画は金融機関から資金調達をする際に重要な書類となるため、現実的かつ詳細に作成しなければなりません。

クリニック開業にあたって新築物件を建てる予定の場合には約1年半前から、テナントを借りて開業する場合には約1年前から動きはじめましょう。

その他準備しておくべき事

融資先との相談

クリニックを開業するためには、資金を準備することも重要です。診療科によって異なってきますが、一般的にクリニックなら5000万円から1億円以上の資金が必要になってきます。すべて自己資金で賄う場合には融資を受ける必要はないため、融資先と相談することはありません。しかし必要資金も大きいため、融資を受けるケースがほとんどです。そうなれば融資先にて利率・返済期間・担保の有無など様々な融資条件を決めていくこと作業が大切になってきます。融資先と事業計画も踏まえて、よく検討するようにしましょう。

【開業1年~半年前】不動産の選定と資金調達

開業する不動産の選定、ならびに金融機関からの資金調達を行います。新築物件を建てて開業する場合には、開業1年前には不動産のめどをつけましょう。テナントを借りる場合での、開業半年前には賃貸契約を結んだおいたほうが無難です。

自己資金や親族からのサポート等によって開業する場合には、金融機関との交渉は必要ありません。

その他準備しておくべき事

融資の申し込み

融資先との相談が無事に終えれば、次は融資の申し込みです。事業計画や資金計画に基づき、クリニック開業に必要な融資額を申し込みます。計画の段階から融資先の金融機関に相談しておくことで、スムーズに融資へとすすみやすくなるでしょう。ただし融資を受けたからには、支払いが滞ることのないように、支払い期日や金額を事前に確認するようにしてください。

建築会社・設計事務所への依頼

クリニックのイメージや使い勝手などを決めるのが、クリニックの建物です。とくにクリニックは、通常の建造物とは異なったデザイン力が求められるため、クリニック建設に携わった経験のある建築会社や設計事務所に依頼するようにしましょう。また設計から施工・管理に至るまで対応可能な会社もあり、そうなれば工期を短くすることも可能です。ただ工法が自由に決められない、他社と価格を比較しにくいなどのマイナス点も。また施工・管理まで同じ担当者が担当するかどうかも事前に確認しておいた方がいいでしょう。

設計やデザインなどは専門の会社に依頼する場合、施工費用を複数の会社と比較・検討することが可能です。ただトータル費用は少し割高になる、工期に時間がかかるというデメリットもあるので注意しましょう。

資金計画

クリニックの建物のイメージがあらかじめできれば、資金面について考えるようにしましょう。光熱費や固定資産税など固定費用を算出し、収入・支出などを踏まえて資金繰りを考えてみてください。事業計画に活かしながら、自己資金や借入資金の計画を立てます。その際、収入は少なめに、支出は多めに見積もっておくことが大切です。事前に厳しい計画を立てておけば、想定外のことも起こりにくいでしょう。

【開業半年~3ヶ月前】内装工事と導入機器の選定

診療科や経営コンセプトに合った内装をデザインし、具体的に工事をスタートさせます。導入する機器の選定やメーカーとの交渉も、この段階に行いましょう。

その他準備しておくべき事

什器や備品などの購入

クリニックの内装デザイナなどが決まれば、机やソファー類などの什器、診察券や問診票、ファイル、ペンなどの備品・消耗品などの用意を行っていきます。備品・消耗品に関しては、ある程度任せることの業者もあるので、時間がないという場合には利用するのもオススメです。

採用の準備

クリニックの開業準備も大詰めになれば、採用活動を行っていきます。その際、近隣のクリニックの給与相場を参考にすることで、適切な価格で人材を集めることができるでしょう。人材紹介会社や転職サイト、求人誌、折込チラシなどを活用してみてください。

【開業3ヶ月~1ヶ月前】スタッフ採用と開業の広告

クリニックの運営に必要な人材を確保します。募集媒体などを通じ、看護師、受付、技師などの具体的な採用活動を行いましょう。

また、この時期から地域に向けて広告をし、開業を周知させておくことも必要です。ホームページの開設も必須となるでしょう。

その他準備しておくべき事

開業申請などの手続き

クリニックがオープンできる準備が整ったら、開設届を保健所に、保険医療機関指定申請書を管轄の厚生局に提出します。ただ開設届などはスムーズに受理されないケースも多いので、必ず事前にチェックしてもらうことが大切です。ほかにも診療報酬支払基金の申請、事務所の税務労務などの手続きも忘れずに行いましょう。これらの申請が滞ってしまうと、開業自体に支障をきたしてしまうので注意してください。

電子カルテなどシステムの手配

近年、電子カルテが一般的になっており、電子カルテを導入することで医療機器との連携を図ることもでき、診察にもメリットが多くあります。また予約システムも導入することで待ち時間短縮につながるので、開業する際に導入するかどうか検討しましょう。

予算・利便性・サポートなど様々なポイントを踏まえて検討することで、スムーズなクリニック運営に繋がってきます。

【開業1ヶ月前】スタッフ研修

採用したスタッフに対し、経営理念や各種業務の流れ、機器の使い方などの研修を行います。

この時期には、保健所への「診療所開設届」や厚生局への「保険医療機関指定申請」なども必要です。スケジュール通りに開業するため、手続きを忘れないようにしましょう。